ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > こども課 > 保育料の減免について

保育料の減免について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年11月11日更新

令和元年臺風19號により被災された世帯の保育料の減免について

令和元年臺風19號により被災した世帯の保育料を減免いたします。床上浸水等で居住する家屋に損害を受けた方は、以下の要件に該當するか確認のうえ、申請してください

1.減免対象


令和元年10月12日現在、保育所、認定こども園、地域型保育事業に在籍している児童(入所予定者を含む)であって、次のいずれかに該當する場合の保育料を減免します。(幼児教育?保育の無償化や多子軽減等により、既に保育料が無料となっている場合は対象となりません。)

居住する家屋の損害程度が全壊?大規模半壊?半壊に該當する場合???保育料を全額減免いたします。

2.対象期間


令和元年10月分から令和2年3月分までの保育料

3.減免とならない費用等


延長保育料、日用品、文房具、行事參加費、給食費、通園送迎費等の諸費用

4.申請方法

 
<提出書類>
 ?利用者負擔額減免申請書
 ?り災証明書の寫し

  減免申請書は、市こども課のほか、保育所、認定こども園、地域型保育事業所で受け取ることができます。
<提出先>
足利市役所こども課【本庁舎2階27番窓口】
在籍する保育所、認定こども園、地域型保育事業所でも受付いたします。

5.その他

?受付は11月15日(金曜日)からとなります。
?減免申請書の審査の結果、減免とならない場合があります。
?減免決定までの間の保育料は通常どおり納付願います。後日、減免決定がなされた際は、納付額との差額分をお返しします。

国产人妻熟妇在线视频