ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民課 > 戸籍の屆出について

戸籍の屆出について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年1月5日更新

 戸籍は、日本國民の出生や死亡など身分関係や親族関係を登録、公証するものです。
 現在の戸籍は夫婦および未婚の子を単位として編製され、その所在場所を示す地番を本籍(住民票でいえば住所)として、本籍地の市區町村で管理しています。

屆出の種類

  • 婚姻や養子縁組などは屆出によって効力を生じます。
各種屆出の一覧
種類屆出期間 屆出人 屆出先屆出に必要なもの 
出生屆生まれた日を含めて14日以內(1)父または母
(2)その他規定あり
  • 住所地
  • 父母の本籍地
  • 出生地
  • 屆書1通
  • 屆出人の印鑑
  • 母子健康手帳
  • 國民健康保険証(出産した方)
死亡屆亡くなった事実を知った日から7日以內(1)親族
(2)家主、地主
(3)その他規定あり
  • 死亡地
  • 本籍地
  • 屆出人の住所地
  • 屆書1通
  • 屆出人の印鑑
婚姻屆屆けた日から効力を生ずる

夫と妻
(屆書には成人の
証人2人の署名押印が必要)

  • 夫または妻の本籍地
  • 住所地
  • 屆書1通
  • 夫妻の印鑑(舊姓のもの)
  • 夫妻それぞれの戸籍謄本(全部事項証明)1通
    (足利市に屆出の場合、足利市に本籍
    がある方の戸籍は不要)
  • 國民健康保険証(加入者のみ)
  • 後期高齢者醫療保険証(加入者のみ)
離婚屆/協議屆けた日から効力を生ずる

夫と妻
(屆書には成人の
証人2人の署名押印が必要)

  • 夫または妻の本籍地
  • 住所地
  • 屆書1通
  • 夫婦それぞれの印鑑
  • 戸籍謄本(全部事項証明)1通
    (足利市に屆出の場合、足利市に本籍がある方は不要)
  • 國民健康保険証(加入者のみ)
  • 後期高齢者醫療保険証(加入者のみ)
離婚屆/裁判調停成立または裁判確定の日から10日以內申立人
  • 夫または妻の本籍地
  • 住所地
  • 屆書1通
  • 申立人の印鑑
  • 戸籍謄本(全部事項証明)1通
    (足利市に屆出の場合、足利市に本籍が
    ある方は不要)
  • 國民健康保険証(加入者のみ)
  • 後期高齢者醫療保険証(加入者のみ)
  • 調停調書謄本または裁判の謄本および
    確定証明書
入籍屆屆けた日から効力を生ずる
(15才未満の場合は法定代理人)
  • 子の本籍地
  • 屆出人の住所地
  • 屆書1通
  • 申立人の印鑑
  • 入籍前と入籍する戸籍謄本(全部事項証明)1通
    (足利市に屆出の場合、足利市に本籍が
    ある方は不要)
  • 家庭裁判所の許可の審判書謄本
  • 國民健康保険証(加入者のみ)
転籍屆屆けた日から効力を生ずる戸籍の筆頭者と配偶者
  • 転籍地
  • 本籍地
  • 住所地
  • 屆書1通
  • 戸籍謄本1通
    (市外の本籍の方が足利市に転籍する
    ときまたは、足利市から市外に転籍するとき)
  • 屆出人それぞれの印鑑

※このほかに、養子縁組屆、養子離縁屆、死産屆、分籍屆、認知屆、帰化屆などがあります。

本人確認をいたします

  • 本人の知らない間に婚姻や離婚などの屆出がなされるという事件が発生しています。
  • こうした虛偽の屆出事件を防止するため、婚姻屆、協議離婚屆、養子縁組屆、協議養子離縁屆、認知屆を提出に來た方の本人確認を窓口でさせていただいています。
  • 運転免許証、パスポート、健康保険証、年金手帳等官公署、その他発行のもので本人の氏名、住所、生年月日が確認できるものをお持ち下さい。
  • 身分証明書をお持ちでなく、本人確認が出來なかった場合につきましては、後日屆出があったことを、郵送でご連絡いたします。

屆出窓口と受付時間

屆出窓口

  • 市民課 (本庁舎1階?窓口5番~11番)
  • 行政サービスセンター(アピタ?コムファースト専門店街2階)
  • 各公民館(織姫、助戸公民館を除きます。)

※出生屆を提出する際に「お誕生記念証」をご希望の方は、公民館への屆出はできません。市民課または行政サービスセンターへ屆出をしてください。

受付時間

午前8時30分~午後5時15分
※行政サービスセンターは午前10時から午後7時までです。

出生?死亡?婚姻屆等について

  • 土?日曜日、祝日は、行政サービスセンター(アピタ?コムファースト専門店街2階)で受け付けします。守衛室(本庁舎地下1階)では、戸籍屆書のお預かりのみとなります。 
  • 屆出の狀況によりましては、平日窓口に再度來ていただくことがあります。
  • 婚姻屆など事前に準備できる場合は、平日窓口で確認することをお勧めします。

參考事項

  • 屆書の用紙
    • 市役所?行政サービスセンター?公民館(助戸、織姫公民館を除く。)の窓口にあります。書き方等、詳細については市役所へお問い合わせください。
    • 出生屆、死亡屆は病院等で醫師等の証明したものを受け取ってください。
  • 不受理申出
    • 本人の意思に基づかない屆出(婚姻屆、協議離婚屆、養子縁組屆、協議養子離縁屆、認知屆)が受理されることを防止するためのものです。
  • 出生屆
    • 外國で出生したときは出生の日から3ヶ月以內に屆出してください。日本國籍を留保する屆出が必要な場合があります。
  • 死亡屆
    • 外國で死亡があった時はその事実を知った日から3ヶ月以內に屆出します。外國人に関する屆出は、屆出人の所在地に屆出ます。
  • 婚姻の成立要件
    • 両性の意思の合致
    • 男は満18歳、女は満16歳に年齢が達していること
    • 配偶者のないこと
    • 女は離婚または夫と死別した場合、100日を経た後であること
    • 近親婚(直系血族?3親等內の傍系血族?直系姻族間)でないこと
    • 未成年のこの場合は、父母の同意があること
  • 離婚屆
    • 離婚の日から3ヶ月以內に屆け出ることで、裁判所の許可なしで離婚の際に稱していた氏を稱することができます。

国产人妻熟妇在线视频