ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 稅務課 > 市稅の各証明(住民稅所得証明書?固定資産評価証明書?納稅証明書など)の取得方法

市稅の各証明(住民稅所得証明書?固定資産評価証明書?納稅証明書など)の取得方法

印刷用ページを表示する掲載日:2019年5月1日更新

市稅の各証明(住民稅所得証明書?固定資産評価証明書?納稅証明書)の取得方法

発行窓口と手數料

【稅務課、市民課、助戸と織姫以外の各公民館、行政サービスセンターで発行できる証明】

証明の種類

手數料

 住民稅所得証明書

 1枚につき300円

 全資産評価証明書

 証明書の記載事項のうち土地20件以內かつ家屋15件以內につき 300円

 ※ 共有名義がある場合、個人所有分と共有名義分は別々に発行となります。
 ※ 土地?家屋は別々に発行となります。

 評価証明書?公課証明書?所有証明書

 証明書の記載事項のうち土地(家屋)10件以內につき 300円

 ※ 共有名義がある場合、個人所有分と共有名義分は別々に発行となります。
 ※ 土地?家屋は別々に発行となります。

 軽自動車稅納稅証明書(車検用)

 無料

 

【稅務課窓口でのみ発行できる証明】 

証明の種類

手數料

 納稅証明書

 1枚につき300円

 無資産証明書

 1枚につき300円

 地籍図(500分の1)A3サイズ

 1枚につき300円

 地籍図(1000分の1、2500分の1)A3サイズ

 1枚につき350円

 課稅臺帳の閲覧

 1時間につき200円

 住宅用家屋証明

 1件につき1,300円

 法人所在地証明

 1枚につき300円

 個人営業証明

 1枚につき300円

 

証明書の申請に必要なもの 

所得証明書、評価?公課?所有証明書、無資産証明書、納稅証明書 

 1 本人が申請する場合
  • 窓口に來た方の本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
  • 法人の場合は上記に加え、代表者印(実印)か社印、もしくは代表者印(実印)か社印の押印がある申請書
 2 代理人が申請する場合
  • 窓口に來た方の本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
  • 委任者の押印がある申請書、委任狀

 3 字の書けない方の代理人として申請する場合

  • 窓口に來た方の本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
  • 代筆用の委任狀(代筆の可能な範囲については要相談)

    ※委任狀や申請書についてはこのページの最後に記載のある「申請書のダウンロード」の項目をご確認ください。

 車検にお使いいただく軽自動車稅納稅証明書 

  • 車検証または車検証のコピー

 住宅用家屋証明 

 1 新築の場合
  • 表示登記済証、登記申請書、住民票、建築確認書、窓口に來た方の印鑑
  • 上記書類に加え、特定長期優良住宅や認定低炭素住宅の場合は「認定通知書」が、建築後使用されたことがない住宅については「未使用証明書」と「売渡証明書など取得日がわかる書類」が必要となります。
 2 中古住宅の場合
  • 売買契約書または売買証書または登記原因証明情報、登記簿謄本、住民票、窓口に來た方の印鑑

 法人所在地証明?個人営業証明 

  1. 窓口に來た方の印鑑もしくは本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
  2. 個人営業証明は、営業主の印鑑も必要です。

申請の際ご注意いただきたいこと 

納稅証明書

  1. 稅目と課稅年度を選択していただき、課稅額?納付額?未納額?納期未到來額を記載した証明書と、申請日現在で市稅に未納がないことを証明する完納証明書があります。用途をご確認のうえ申請してください。
  2. 市稅を収納機関に納付後、納付確認できるまで1週間程度の日數がかかります。納付後すぐに納稅証明書を申請される方は、領収書をご持參ください。

固定資産評価証明書?公課証明書?所有証明書 

  1. 相続等で証明書を申請される場合は、戸籍謄本など相続関係が確認できる書類を持參ください。
  2. 競売落札の際に裁判所へ提出する評価証明書の申請は、代金納期限通知書を持參ください。
  3. 使用目的が競売申立の申請の場合は、競売申立書と抵當権の設定が確認できる登記簿謄本を持參ください。
  4. 所有権の移転があった場合の評価証明書等の申請は、所有権移転が確認できる登記簿謄本を持參ください。

郵送での稅証明申請で必要なもの 

  1. 郵送用の申請書
    便箋やコピー用紙などの紙に、申請者の舊住所(現住所が足利市以外の場合)?現住所?氏名?生年月日?電話番號?必要な証明書の內容(証明書名、必要年度、必要枚數、使用目的)を記入します。
    本人申請以外で、委任狀が必要な時はこちらからダウンロードしてください
  2. 運転免許証や健康保険証など本人確認書類のコピー
  3. 証明手數料分の定額小為替(郵便局にて購入できます。小為替には何も記入しないでください。)
  4. 申請者の住所と氏名を記入し、切手を貼付した返信用封筒。

ご注意いただきたいこと 

  • 車検にお使いいただく軽自動車稅納稅証明書を申請される場合は、
    申請書、車検証のコピー、返信用封筒を郵送してください。
    手數料は無料です。
  • 相続等で証明書を申請される場合は、戸籍謄本など相続関係を確認できる書類を同封してください。
  • 各種稅証明申請書は下部よりダウンロードできます。
  • 固定資産稅の評価証明書?公課証明書?全資産評価証明書については、共有名義が存在する場合、個人名義とは別での発行となります。

受付時間

  • 稅務課、市民課、助戸と織姫以外の各公民館は、祝日と12月29から1月3日までの期間を除く、
    月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時15分まで。
  • 行政サービスセンターは、12月29日から1月3日までを除くアピタ足利店開店日の、午前10時から午後7時まで。

コンビニエンスストアで所得証明書を取得できます。

  • コンビニエンスストアで所得証明書(最新年度分)を取得できます。
    コンビニエンスストアでの諸証明について詳しくはこちらをクリックしてください
  • 奨學金用の所得証明書(世帯全員分の所得証明書)は、コンビニエンスストアでは取得できません。
    稅務課窓口で取得してください。

申請書のダウンロード 

 窓口申請用、郵送請求用の申請書と記入例のダウンロードは、こちらをクリックしてください

 

 


国产人妻熟妇在线视频